なぜ現在ラミネートパウチが流行っているのか?

Ready to Eat Meal(すぐに食べられる食事)は調理済みでしかも再加熱をしなくても食べることができます。 最も人気のあるパッケージは、缶またはレトルトパウチです。 その中でもラミネートパウチの人気があるようです。 これにはいくつかの理由があります。

  • ラミネートレトルトパウチは、ベースフィルムの特性を活かし接着剤でコーティングしているため、缶に近い特徴を有するパウチも作ることができます。
  • レトルトパウチは缶と比較した場合、より広い範囲へ印刷することが可能です。デザインに関してもより訴求感力の高いデザインをすることができます。
  • レトルトパウチは缶を梱包するよりも場所を取らず、カートン単位での保管が用意となります。
  • 保存期間は6か月から2年間。121℃程度の温度で密封ならびに殺菌されますので長期間保存が可能です。
  • レトルトパウチは缶に比べ正味重量が軽いため輸送費は缶よりも安価となります。さらにレトルト食品が地面に落ちた場合でも、缶(へこみ缶)の場合と同じように破損することはなく、返品されにくくなりますので、輸送時における返品リスクを軽減することが可能となります。

その他の記事